テングチョウ

...撮りためた写真の中から...


テングチョウ(テングチョウ科)前ばね長約24mm



テングチョウ




頭部の先が突き出ているので、それを天狗の鼻に例えて名前が付けられています。



(明るい日差しの中で撮ったテングチョウ)

テングチョウ




幼虫は、クワノハエノキとタイワンエノキの柔らかい新しい葉を好むようで




テングチョウ




春先と台風で葉が落ちた後に成虫が新しく生まれてくることが知られているそうです。




テングチョウ




宙を舞う姿は小さいながらも翅の表側のオレンジ色が目立って可愛らしいテングチョウですが

翅を広げずに止まっている姿はとても地味で じっと動かないことが多く

鮮やかなオレンジ色の模様を撮るにはじっと待つしかありません

ビックリさせないように静かにそっと...撮らせてね...の気持ちですが

デジカメをマクロ設定にしてとても近い距離から何度も、パチリ、パチリ、撮ることも(笑)




テングチョウ



日本にはテングチョウ科の仲間は1種類だけ

ほとんど日本全国に生息しているそうですが 宮古諸島では見られないそうです。




おまけ...クロトンの雄花


クロトンの雄花


鮮やかな葉色をバックに...クロトンの雄花は線香花火のようで可愛い

小さくて地味な花ですが 被写体としては面白いです♪
スポンサーサイト