ストケシア

キク科ストケシア属(ルリギク属) 和名はルリギク(瑠璃菊)・エドムラサキ(江戸紫)

北アメリカ南西部に分布する多年草のストケシア 蜘蛛の巣とのコラボ画像で紹介します。



ストケシア



2ヶ月ほど前にポット苗(60円)を購入しました。

露地植えにしたいのですが 場所を決めかねて とりあえず鉢植えにしています。


ストケシア



ネットで育て方を見ると 根が四方に広がり次々に芽を出して広がるようです。

ポット苗を見たとき 株分けで増やせそう...そんな気がしてひとつ買ったのでした。



ストケシア



地下茎でよく増え 切れた根からも新たに芽を出すとても丈夫なお花のようです。

冬に葉が枯れてしまった場合は株元までばっさり刈り込むと良いそうです。



ストケシア


鉢植えは根づまりを起こしやすいので 毎年もしくは2年に1回

露地植えは3~4年に1回植え替えと株分けを行い若返りを図るとよいそうです。



ストケシア



ストケシアの花言葉は追想・追憶・清楚な娘・清らかな乙女

花の色は 白・黄・ピンク・赤・青・紫
スポンサーサイト