スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

紫色のアンゲロニア・花の変異

アンゲロニアを挿し木で増やしているのですが...

紫色のアンゲロニアの花のなかに 濃い紫色で咲く花やまばらに濃い紫色がはいって咲くのが出てくることがあって

紫一色に比べると 少しにぎやかな雰囲気になってちょっと得した気分になります。




 アンゲロニア




何となく違和感を感じて 近寄って見ると お花の中に花姿が違うのを見つけることがあります。




 アンゲロニア




お花に変異があらわれると 四つ葉のクローバーを見つけた時のように楽しい気分になりますが

お花にとってはどうなんでしょう?




アンゲロニア



前に挿し木用に切り分けた枝を鉢に挿して ほとんど花が終わった細い先の部分も

土に挿しておいたところ健気に育って 不思議な形の花を咲かせていました。



うつむくように咲いていたので 持ち上げてパチリ...小さくてかわいい♪

 アンゲロニア




(後ろ側から見たところ)

 アンゲロニア



普通アンゲロニアの花冠は5つに裂けていて 下の方の1枚に白い色(紫色の花の場合)がはいっています。

6枚に裂けた形で白い色が入ったパーツだけで出来ている花(4枚目の写真)は初めてみました。

後ろ姿(5枚目の写真)もアンゲロニアとは思えない花姿

画像からは分かりにくいのですが 6つの膨らみがあって ぷっくりとしたところが可愛い♪



(花冠が5つに裂けて咲いている普通のアンゲロニア)

 アンゲロニア



白い部分が2つあるのは時々あるけど 5つもあるのはちょっと珍しい...


(笑顔?で記念写真)

 アンゲロニア
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。